News Scan

微粒子大気汚染と死亡率

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201115a

致死的な関連を示す最も強力な証拠。

山火事「キャンプファイア」の煙でかすむ米国サンフランシスコのベイブリッジ。 | 拡大する

MICHAEL SHORT/BLOOMBERG VIA GETTY IMAGES

2018年に米国カリフォルニア州で山火事「キャンプファイア」が猛威を振るったとき、煤煙などの汚染物質が上空を覆った。広範囲で粒子状物質の濃度が1m3当たり12µgを超え、米国環境保護庁(EPA)が「不健康」とする水準に達した。一部では数百µg/m3に跳ね上がった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度