News & Views

老化細胞を標的とするように設計されたT細胞

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201037

原文:Nature (2020-07-02) | doi: 10.1038/d41586-020-01759-x | T cells engineered to target senescence

Verena Wagner & Jesús Gil

老化は細胞の加齢の特徴であり、多くの疾患に関与している。老化細胞を標的とする免疫細胞によって老化細胞を除去する新しい方法は、治療選択肢を改善できる可能性がある。

老化は細胞のストレス応答の1種で、状況によっては有害になることがあるため、老化細胞を標的とする治療法を開発する取り組みが進行中である。このほどスローン・ケタリング記念がんセンター(米国ニューヨーク)のCorina Amorら1は、マウスにおいて老化細胞を選択的に除去する方法を開発し、Nature 2020年7月2日号127ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度