News Feature

冥王星の「裏側」が見えてきた!

冥王星への驚異の接近通過を2015年に成功させた、NASAの探査機「ニューホライズンズ」。冥王星の「裏側」は低解像度でしか撮影できなかったものの、その画像の解析が進み、液体の水の兆候や、不可解な巨大な氷の刃、そして、極寒の惑星の誕生を巡る新しい理論が見えてきた。

拡大する

NASA/JHUAPL/SWRI

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201020

原文:Nature (2020-07-30) | doi: 10.1038/d41586-020-02082-1 | Pluto’s dark side spills its secrets — including hints of a hidden ocean

Shannon Hall

2015年に冥王星の横を猛スピードで通過したNASAの探査機「ニューホライズンズ」は、私たちの想像をはるかに超えるダイナミックな世界を見せてくれた。冥王星には、ノルウェーの入り組んだ海岸に似た窒素の氷の断崖があり、高層ビルほどの高さのメタンの氷の巨大な刃がそそり立っている。グランドキャニオンより深い亀裂が走っているかと思えば、エベレストより高い氷の火山もある。探査機のカメラが彼方にある冥王星の表面の巨大なハート模様を捉えると、地球上の無数のファンが悩殺された(2015年6月号「ドーンとニューホライズンズの旅」、9月号「冥王星に広がる驚きの地形と深まる謎」参照)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度