News

圧力の精密測定方法が更新へ

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190913

原文:Nature (2019-06-20) | doi: 10.1038/d41586-019-01950-9 | Pressure’s 400-year-old measurement techniques get an upgrade

Elizabeth Gibney

気体の圧力測定において、最も正確な方法はこれまで、約400年前に原理が開発された水銀圧力計だった。それが、量子物理学に基づく新たな測定方法に取って代わられるかもしれない。

米国立標準技術研究所(NIST)が開発した「固定長光学キャビティ」(FLOC)。FLOCはレーザーを使って気体の圧力を測定する。 | 拡大する

NIST

気体の圧力を極めて精密に測定でき、測定装置を校正するための新たな基準となり得る測定方法を米国の研究者たちが開発した。この新たな測定方法は、レーザーを使って気体中の原子や分子の密度を測定するもので、開発した研究者らは、1年以内に、1643年から使われてきた水銀圧力計に取って代わり始めるだろうとみている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度