News

南極の氷底湖から微小な動物の死骸を発見

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190410

原文:Nature (2019-01-18) | doi: 10.1038/d41586-019-00106-z | Tiny animal carcasses found in buried Antarctic lake

Douglas Fox

南極大陸の厚さ1kmの氷を掘削し、その下に埋もれた氷底湖に到達するという希少なミッションから、驚くべき発見があった。

研究者チームは熱水ドリルを用いて厚さ1kmの氷を掘削し、氷底湖への直径60cmの入り口を作った。 | 拡大する

BILLY COLLINS/SALSA SCIENCE TEAM

南極点から600kmの地点にある氷底湖を目指して掘削を行っていた科学者たちが、大昔の生物の驚くべき痕跡を見つけた。厚さ1kmの氷の下に、芥子粒よりも小さい甲殻類と緩歩動物(いわゆる「クマムシ」)の死骸が保存されていたのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度