News

「ダイエット薬」は蚊にも有効

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190404

原文:Nature (2019-02-07) | doi: 10.1038/d41586-019-00511-4 | ‘Diet drugs’ suppress mosquitoes’ thirst for blood

Matthew Warren

蚊にヒトのダイエット薬を与えたところ、吸血行動を抑制できた。だが、感染症対策とするには越えねばならない壁がいくつもある。

ダイエット薬で蚊の吸血行動を減らせるのだろうか。写真はヒトの皮膚に止まったネッタイシマカ。 | 拡大する

Smith Collection/Gado/Getty

血に飢えた蚊は、ひいき目に見ても不快な害虫であり、最悪の場合、命に関わる伝染病の媒介者でもある。今回、蚊の吸血を抑止する方法が見つかった。ヒトの「ダイエット薬」、すなわち食欲抑制剤を蚊に摂取させて偽の満腹感を感じさせるという方法だ。報告した研究チームは、いつの日かダイエット薬を使って伝染病の拡大を抑えられるようになる可能性を示唆している。この成果はCell 2019年2月7日号に掲載された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度