News

北極地方の異常な夏に海氷の融解が駄目押し

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191211

原文:Nature (2019-09-13) | doi: 10.1038/d41586-019-02653-x | Dramatic sea-ice melt caps tough Arctic summer

Alexandra Witze

激しい山火事からグリーンランドの氷床の融解まで、北極地方は悲鳴を上げている。

今年の夏、ロシアとアラスカの間に広がるチュクチ海(ベーリング海峡の北方にある北極海の一部)では、海氷はまばらにしか見られなかった。 | 拡大する

YURI SMITYUK/TASS VIA GETTY

2019年7月、ベーリング海での研究航海の途中でアンカレジ(米国アラスカ州)に上陸したChelsea Wegnerは衝撃を受けた。州内各地で発生中の山火事による煙が空を暗くし、ちょうど熱波に見舞われていたアンカレジの気温は観測史上初めて32℃を上回っていたのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度