News & Views

木星の低密度コアは巨大衝突の証拠?

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191129

原文:Nature (2019-08-15) | doi: 10.1038/d41586-019-02401-1 | Signs that Jupiter was mixed by a giant impact

Tristan Guillot

木星の低密度の中心核は、木星が形成される最終段階に、天王星ほどの質量の原始惑星が木星に衝突した結果かもしれないことがシミュレーションで分かった。この結果は、巨大衝突は惑星の形成期には頻繁に起こっている可能性を示している。

木星と、木星探査機ジュノー。 | 拡大する

Vadim Sadovski/Getty

米航空宇宙局(NASA)の木星探査機ジュノーは、この数年で木星の重力場を極めて精密に測定した1,2。この測定の結果、木星の水素とヘリウムからなる流体のエンベロープ(外層)の組成は一様ではないことが明らかになった。つまり、エンベロープの内側の部分は、外側の部分よりも重元素(水素とヘリウムよりも重い元素)を多く含んでいる3,4。中山大学物理・天文学科(中国珠海市)のShang-Fei Liu(劉尚飛)ら(自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター特任助教、堀安範を含む)は、この非対称性は、初期の木星と、地球の約10倍の質量を持つ1つの原始惑星(微惑星が集積して抜きんでて大きく成長した天体)の正面衝突によって生じたという仮説をNature 2019年8月15日号355ページで提案した5。今日見られる木星の構造は、木星の原始の中心核(コア)と原始惑星の中心核が合体し、木星のエンベロープと部分的に混ざり合ったと考えることで説明できる、とLiuらは提案する。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度