Research Highlights

青いダイヤモンドの起源

Credit: PETRA DIAMONDS LIMITED

一部のダイヤモンドは、微量のホウ素を含むため美しい青色を呈し、ブルーダイヤモンドと呼ばれている。ダイヤモンドは地球のマントルで形成されるが、ホウ素が多く存在するのは地殻である。では、ブルーダイヤモンドはどこでホウ素を取り込んだのだろう? このほど、米国宝石学会(ニューヨーク)のEvan M. Smithらが、この地球化学的疑問に答えを出した。この研究成果はNature 2018年8月2日号84ページで報告された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

翻訳:藤野正美

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11

DOI: 10.1038/ndigest.2018.181105

原文

The origin of blue diamonds
  • Nature (2018-08-01) | DOI: 10.1038/d41586-018-05830-6
  • Andrew Mitchinson