News

CRISPRマッシュルームは米国では規制対象外に

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160714

原文:Nature (2016-04-21) | doi: 10.1038/nature.2016.19754 | Gene-edited CRISPR mushroom escapes US regulation

Emily Waltz

CRISPR–Cas9法で作製されたキノコが、当局の監督を受けずに栽培・販売できることになった。

褐変しにくくなるように改変されたマッシュルーム(Agaricus bisporus)。 | 拡大する

STUART MCCALL/GETTY

米国農務省(USDA)は、遺伝子編集ツールCRISPR–Cas9で遺伝子を操作したマッシュルーム(ツクリタケ)について、規制する意思がないことを言明した。つまり、当局の規制プロセスを経ずにそのマッシュルームの栽培と販売を行えることを意味しており、関係者にとって待望の決定であった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度