目次

Volume 1 Number 92004年9月号

Editorial

 部族文化と対峙する遺伝学研究

研究者とアメリカ先住民の小規模部族との紛争は、遺伝学研究に無用に大きな影を落としている。部族出身の研究者の支援を受けて、両者間で緊密な対話を行えば、両者とも得るところは大きいのではないだろうか。

News Feature

 熱帯の隠れた生物宝庫が危ない

シンガポール国立大学の分類学者で保全生物学者のPeter Ngには使命がある。長い間、多くはいないとみなされてきた場所に住む、多様な生物たちのカタログを作成することだ。この作業は時間との闘いだという。Carina DennisとPeter Aldhousが報告する。

News & Views

 最古の鳥類の脳が語る

知られているうちで最古の鳥類である始祖鳥は、飛ぶための「正しい資質」を備えていたのだろうか。現代の進歩した技術でその頭蓋構造を調べたところ、恐竜から鳥類への移行と飛翔の進化について手がかりが得られた。

 もっと深いところまで理解する

地球内部の核とマントルの境界は、もっとも謎に満ちた領域である。新たに発見された結晶相の研究で、この領域の解明がさらに進むだろう。

Essay Concept

 なぜ惑星は恒星の「そっくりさん」になれないのか?

惑星学:惑星の研究には、地質学者の推論的な技術と天体物理学者の数学的なアプローチの両方が必要だ。

Feature

 科学に関する国別の影響度

各国が研究支出から得る収穫をデータから分析する。

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度