Research press release

アルツハイマー病の血管からプラークを除く

Nature Cell Biology

Clearing plaques in blood vessels in Alzheimer’s disease

脳にアミロイドβが蓄積するとアルツハイマー病の発症につながると考えられており、アミロイドβの除去を遅らせるように働く2つの重要なタンパク質が見つかっている。今回、認知機能低下と脳血管中のアミロイドβ除去抑制に関連する異常の治療標的候補を突き止めた研究が発表された。

アルツハイマー病がどういう原因で起こるのか、その詳細はまだわかっていない。以前の研究で、この病気は脳内にプラークとして、あるいは絡まり合った状態で存在するタンパク質と関連があることが明らかにされている。アミロイドβと呼ばれるこのようなタンパク質断片は、脳の細い動脈にも蓄積し、アルツハイマー病が進行するのに伴って起こる異常の一因となっている。

B Zlokovicたちは、DNAに結合して遺伝子発現を調節するSRFとMYOCDという、互いに作用するタンパク質の働きを調べた。これらのタンパク質はアルツハイマー病患者およびこの病気のマウスモデルの血管細胞で高度に発現されており、この2つのタンパク質の濃度が高くなるとアミロイドβの血管からの除去が妨げられるようになるとわかった。SRFとMYOCDのこの働きは、遺伝子発現を調節する3番目のタンパク質の活性化によっており、この3番目のタンパク質はLDL受容体関連タンパク質1(LRP-1)の発現を妨げることが知られている。そして、LRP-1は脳血管中のアミロイドβ除去を促進するタンパク質なのである。

Scientists have uncovered the role of two critical proteins that negatively affect the clearance of amyloid beta in the brain, the accumulation of which is thought to lead to the development of Alzheimer’s disease. The research, published online in Nature Cell Biology this week, identifies potential therapeutic targets for treating defects associated with cognitive decline and faulty clearance of amyloid beta in brain blood vessels.

The exact causes of Alzheimer’s disease are still unclear. Previous studies have shown that the disease is associated with plaques or tangles of protein fragments in the brain. These fragments, known as amyloid beta, accumulate in small arteries of the brain and contribute to the defects that occur during Alzheimer’s disease.

Berislav Zlokovic and colleagues examined the effect of two interacting proteins, SRF and MYOCD, which bind to DNA and control gene expression. They show that these proteins are highly expressed in blood vessel cells in Alzheimer’s patients and in mouse models of the disease, and that high levels of these proteins prevent the clearance of amyloid beta from vessel walls. These proteins act by activating a third protein that regulates gene expression and is known to prevent the expression of the lipoprotein receptor protein 1, a factor that promotes clearance of amyloid beta in blood vessel cells.

doi: 10.1038/ncb1819

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度