Research press release

前立腺中の「浸潤性が高い」細胞群

Nature Cell Biology

The ‘aggressive’ prostate compartment

前立腺中の特定のタイプの細胞を起源とする腫瘍は、それ以外の細胞から生じる腫瘍よりも浸潤性が高いことがわかった。この研究から、前立腺の管腔細胞に起源を持つ腫瘍は一般に、患者の予後不良と関連すると考えられる。

M Shenたちは、前立腺がんのマウスモデルを使って、前立腺中の異なるタイプの細胞を起源とする腫瘍は、それぞれ異なる分子シグネチャーをもつようになることを明らかにしている。この分析から、前立腺の管腔細胞から生じた腫瘍は基底細胞から生じたものよりも浸潤性が高いという結果が得られた。基底細胞に由来する腫瘍が腫瘍促進因子の働きによって管腔型腫瘍に似るようになった場合でも、これと同様の結果が見られた。

Shenたちは、マウス前立腺中の細胞について遺伝学的な細胞系譜追跡実験も行い、前立腺の再生や生体組織の恒常性維持の際に、基底細胞が可塑性を示すことを実証した。基底細胞の一部は必要に応じて管腔細胞へと細胞運命を切り替えることが可能らしいので、今回の知見は重要なものになるだろう。

Tumours that develop in certain cells in the prostate are more aggressive than tumours originating in others, reports work published this week in Nature Cell Biology. The research suggests that tumours that originated in the luminal compartment of the prostate are generally associated with poor patient prognosis.

Michael Shen and colleagues use a mouse model of prostate cancer to show that tumours originating in different types of cells in the prostate give rise to tumours with distinctive molecular signatures. The analysis helped them conclude that tumours arising in the luminal compartment of the prostate are more aggressive than tumours originating in the basal compartment. This is the case even when tumour-promoting factors cause basal tumours to resemble luminal tumours.

The authors also used genetic tracing of cells in mouse prostate to demonstrate the plasticity of basal cell types during prostate regeneration and adult tissue homeostasis. This finding may prove important, as a subset of basal cells seem able to switch to a luminal fate if required.

doi: 10.1038/ncb2697

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度