Research press release

低温は褐色脂肪組織を作りだす

Nature Cell Biology

Cold temperatures generate brown fat

褐色脂肪組織の形成を調節する温度感受性の経路が、マウスで見つかった。この知見は、肥満の新しい治療法につながるかもしれない。

褐色脂肪組織は、低温への暴露や食餌に応じて、脂質とグルコースを消費して体熱を産生する。M Stoffelたちは、低温に応じて成熟褐色脂肪細胞の形成を促進するシグナル伝達経路を明らかにしている。彼らは、低温にさらされるとマイクロRNAのmiR-133の産生が低下することを見いだした。miR-133は、褐色脂肪形成のマスター調節因子であるPrdm16の産生を負に調節しているので、これらの知見は褐色脂肪産生が温度によって調節されていることを明らかにしている。

マウスモデルでは褐色脂肪の蓄積は肥満と逆相関することが知られているが、この経路がヒトで肥満治療に役だつかどうかを決めるにはさらなる研究が必要と考えられる。

A temperature-sensitive pathway that regulates the production of brown fat in mice is reported this week in Nature Cell Biology. These findings could provide new treatment avenues for obesity.

Brown fat consumes lipids and glucose to generate body heat in response to cold exposure or diet. Markus Stoffel and colleagues identify a signalling pathway that promotes the formation of mature brown fat cells in response to cold temperatures. They find that cold exposure decreases the production of the microRNA miR-133. As miR-133 negatively regulates production of Prdm16, a master regulator of brown fat development, these findings reveal how brown fat production is regulated by temperature.

Although brown fat accumulation is known to inversely correlate with obesity in mouse models, additional studies will be needed to determine whether this pathway can be exploited for therapeutic benefit in humans.

doi: 10.1038/ncb2612

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度