Research press release

インスリン分泌と小胞体ストレスとを結びつける

Nature Cell Biology

Linking insulin secretion to endoplasmic reticulum stress

小胞体ストレスシグナル伝達とインスリン産生・分泌の間のつながりが明らかにされた。この知見は、糖尿病の新しい治療法開発への道を開くかもしれない。

Wolfram syndrome 1(WFS1)遺伝子の変異は、若年性糖尿病を特徴とするウォルフラム症候群を引き起こす。小胞体ストレスシグナル伝達は正常な小胞体で行われるタンパク質の折りたたみを障害するが、WFS1はこのシグナル伝達を調節することが知られており、またインスリンを産生する膵臓ベータ細胞の正常な機能に不可欠である。

S Fonsecaたちは、マウスではWFS1が膵臓ベータ細胞からのインスリン放出の調節という役割も持っていることを報告している。食餌をとった後に血流中にグルコースが溜まると、WFS1は小胞体膜から細胞膜に移動してインスリン産生・分泌を刺激する。小胞体ストレスを起こしている膵臓ベータ細胞で、WFS1の発現レベルを上昇させると、インスリン産生が回復することもわかった。Fonsecaたちは、WFS1は新規な糖尿病治療法の重要な標的となるだろうと考えている。

A link between endoplasmic reticulum (ER) stress signalling and insulin production and secretion is reported this week in Nature Cell Biology. These findings could open new opportunities for the development of treatments for diabetes.

Mutations in the gene Wolfram syndrome 1 (WFS1) cause Wolfram syndrome, which is characterized by juvenile diabetes. WFS1 is known to regulate ER stress signalling - which disrupts the normal ER protein folding function - and is essential for the normal function of insulin-producing pancreatic beta cells.

Sonya Fonseca and colleagues report that WFS1 has a further role in regulating insulin release from pancreatic beta cells in mice. Glucose - which accumulates in the bloodstream after a meal - causes WFS1 to move to the plasma membrane to simulate insulin production and secretion. The authors also showed that expressing high levels of WFS1 restored insulin secretion in pancreatic beta cells suffering from ER stress. They conclude that WFS1 could therefore represent an important target for new diabetes treatments.

doi: 10.1038/ncb2578

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度