Research press release

黒色腫を進行させる因子を突き止める

Nature Cell Biology

Identifying a melanoma-promoting factor

先天性巨大母斑とよばれる色素性の母斑や、こうした母斑から生じる黒色腫の形成と維持を助ける因子のひとつが明らかになった。この知見は、黒色腫の治療戦略を進展させる重要な手がかりとなりそうだ。

O Shakhova、L Sommerたちは、黒色腫促進因子のひとつとして知られているNras変異体を持ち、同時にヒト黒色腫で不活性化していることが多いINK4aを欠失する黒色腫マウスモデルを作出した。このマウスモデルと、ヒトの先天性巨大色素性母斑および黒色腫は非常によく似ていることが明らかになった。そして、発生過程で神経提幹細胞から皮膚の色素細胞を形成す るのに必要な因子であるSox10は、このマウスモデルとヒト患者から得られた母斑および黒色腫標品中に高レベルで存在することがわかった。また、神経提幹細胞の活性の抑制、あるいはこの細胞の増殖と生存の阻害によりSox10の濃度を低下させると、マウスでの黒色腫形成が抑えられることも実証された。

Sox10が先天性巨大母斑や黒色腫の形成と維持に必須であるというこの結果は、黒色腫という悪性皮膚がんに対する治療法の開発に役立つと考えられる。

A factor that promotes the formation and maintenance of pigmented birthmarks called giant congenital naevi, and subsequently of melanoma, is reported online this week in Nature Cell Biology. These findings could provide important insights for the development of therapeutic strategies for this condition.

Olga Shakhova, Lukas Sommer and colleagues used a mouse model of melanoma that combined the presence of mutant Nras, a known melanoma-promoting factor, and deficiency of INK4a, which is often inactivated in human melanoma. The authors identified striking similarities between this mouse model and giant congenital naevi and melanoma in humans. They went on to show that Sox10, a factor needed for the formation of skin pigment cells from neural crest stem cells during development, was present at high levels in naevi and melanoma samples obtained from both the mouse model and human patients. The authors further demonstrated that a decrease in Sox10 levels counteracted melanoma formation in mice by suppressing neural crest stem cell properties, and by blocking cell proliferation and survival.

The finding that Sox10 is crucial for the formation and maintenance of giant congenital naevi and melanoma has the potential to be exploited therapeutically against this aggressive skin cancer.

doi: 10.1038/ncb2535

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度