Research press release

迅速対応型インフルエンザワクチン

Nature Biotechnology

Rapid response flu vaccine

メッセンジャーRNAだけでできたワクチンで動物をインフルエンザ感染から守れるとの報研究成果が報告されている。この方法がヒトでも有効ならば、インフルエンザワクチンを何か月もかけることなく、数週間以内に設計、製造できるようになり、パンデミックにはるかに速く対応できるようになるかもしれない。

既存のインフルエンザワクチンは、鶏卵か培養細胞を使って作られ、工程が煩雑で時間がかかる。したがって、新たなインフルエンザのパンデミックが発生した場合に、ワクチンを適切に供給するのが難しいおそれがある。メッセンジャーRNAなら、新しいインフルエンザ株の塩基配列に合わせて簡単に塩基配列を変えることができ、はるかに簡単な工程でもっと短期間で生産できるので、有用な代替ワクチンになる可能性がある。

Lothar Stitzたちが、マウスやフェレット、ブタにmRNAワクチンを接種して、この理論を検証したところ、市販のワクチンの場合と同等か、もっと効果的な免疫応答が誘発された。このmRNAワクチンには、他にも2つの利点がある。高温でも安定なことと、若齢マウスと高齢マウスでも効果があることである。もしもこの方法がヒトにも応用できれば、このような特性が、既存のインフルエンザワクチンの欠点を補ってくれるかもしれない。すなわち、新生児や高齢者でも十分な防御効果が得られ、また冷蔵保存のできない地域の住民も恩恵を受けられるかもしれない。

A vaccine comprising solely of messenger RNA protects animals against influenza infection, reports a study published online this week in Nature Biotechnology. If this approach proves effective in humans, it might allow flu vaccines to be designed and manufactured in weeks rather than months, making responses to pandemics much faster.

Existing influenza vaccines are produced in chicken eggs or cultured cells in a cumbersome, time-consuming process. This means that it can be challenging to provide an adequate supply of vaccines in the face of an emerging influenza pandemic. Messenger RNA-whose sequence can be easily altered to match the sequence of a new influenza strain-can be produced by a far simpler and quicker process and could prove a useful alternative.

Lothar Stitz and colleagues tested this theory by vaccinating mice, ferrets and pigs with an mRNA vaccine. They report that the resulting immune responses were similar or superior to those triggered by commercially available vaccines. The mRNA vaccines also possess two other advantages: stability at high temperature and efficacy in very young and very old mice. If this method can be transferred to humans, these features might address additional deficiencies of existing influenza vaccines, namely providing sufficient protection to infants, the elderly and those living in areas lacking refrigeration.

doi: 10.1038/nbt.2436

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度