Research press release

環境:北東グリーンランド氷流の氷量減少の評価

Nature

Environment: Ice loss from the Northeast Greenland Ice Stream assessed

グリーンランド氷床の一部である北東グリーンランド氷流の氷量が将来的に減少することで、2100年には海面水位が最大15.5ミリメートル上昇するかもしれないことが研究によって示唆された。この15.5ミリメートルの上昇は、過去50年間にグリーンランド氷床が寄与した海面水位の上昇全体に相当する。今回の研究を報告する論文が、Natureに掲載される。

北東グリーンランド氷流において、流れの速い本流(長さ600キロメートル、幅30~50キロメートル)が、グリーンランド氷床の内部と2つの海洋末端氷河(Nioghalvfjerdsfjord GletscherとZachariae Iststrøm)をつないでおり、これらの氷河からグリーンランド氷床の約12%が流出している。過去10年間、北東グリーンランド氷流の速度が上昇してきたが、その速度に関して不確実な点があるために氷河末端の上流側で氷の移動速度の上昇を検出できずにいた。

今回、Shfaqat Abbas Khanたちは、氷の流れの加速が上流側にどれだけ広がっているのかを調べるため、全地球的航法衛星システムのデータを使用して、氷の移動速度に関する高分解能データを収集した。データ収集は、2016年から2019年にかけて、氷河の末端から90~190 km内陸側の氷流上に位置する3カ所の観測地点で行われ、その後、これらのデータは、表面高度と流れの加速に関する以前のデータと比較された。Khanたちは、氷の移動速度の大幅な上昇と氷床の薄化が、少なくとも200 km内陸側で既に起こっており、2012年のZachariae Isstrøm氷河の棚氷の崩壊が引き金になった可能性があるという考えを示している。また、Khanたちは、北東グリーンランド氷流が、2011年から2021年までに100~200 km上流側で2~3 m薄くなったことを示したうえで、氷床の薄化が21世紀を通して加速し続けると考えている。さらに、Khanたちは、モデル化の手法を用いて、将来的な氷量の減少が、2100年に海面水位の約13.5~15.5 mmの上昇に寄与する可能性があり、これが、過去50年間にグリーンランド氷床が寄与した海面水位の上昇全体に相当することを明らかにした。

Khanたちは、今回の知見が、氷河の上流部とその末端が相互に関連していることを示し、内陸部の薄化がグリーンランド氷床に及ぼす影響可能性と将来的な海面水位の上昇の可能性もはっきりと示しており、このことが、将来予測に役立つ可能性があると結論付けている。

Future ice loss from the Northeast Greenland Ice Stream, part of the Greenland ice sheet, could cause sea levels to rise by up to 15.5 mm by 2100, a study in Nature suggests. This rise is the equivalent of the entirety of the Greenland ice sheet’s contribution to sea-level rise over the past 50 years.

The Northeast Greenland Ice Stream comprises a fast-flowing main trunk that extends for 600 km and is 30–50 km wide, connecting the interior of the ice sheet to two marine-terminating glaciers (Nioghalvfjerdsfjord Gletscher and Zachariae Isstrøm), which drain approximately 12% of the Greenland ice sheet. Over the past decade the Northeast Greenland Ice Stream has been speeding up, but uncertainties over the flow rate have hampered the detection of ice flow acceleration upstream from the glacier terminus.

To investigate how far ice flow acceleration has spread upstream, Shfaqat Abbas Khan and colleagues used global navigation satellite system data to gather high-resolution data on ice velocity. The data were collected from three stations located on the ice stream, between 90 and 190 km inland from the glacier terminus, from 2016 to 2019. These data were then compared to previous data on surface elevations and flow accelerations. The authors suggest that extensive speeding up and thinning of the ice, which may have been triggered by the collapse of the ice shelf at the Zachariae Isstrøm glacier in 2012, has already occurred at least 200 km inland. They indicate that from 2011 to 2021 the Northeast Greenland Ice Stream thinned by 2–3 m between 100 and 200 km upstream, and suggest that this thinning will continue at an accelerated rate throughout this century. They also use modelling to show that future ice loss may contribute around 13.5 to 15.5 mm to sea-level rise by 2100, which is the equivalent of the entire contribution of the Greenland ice sheet over the past 50 years.

The authors conclude that their findings demonstrate the interconnection of upstream sectors of a glacier and its terminus, and highlight the potential impact of the inland thinning on the Greenland ice sheet and potential future sea-level rises, which may aid in future projections.

doi: 10.1038/s41586-022-05301-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度