Research press release

考古学:古代アマゾン文明の建造物を見つけ出す

Nature

Archaeology: Uncovering ancient Amazonian architecture

アマゾン川流域の南西部に西暦500~1400年ごろに存在したとされるカサラベ文化の集落の考古学的遺跡が、新たに11か所見つかった。この知見を報告する論文が、Natureに掲載される。今回の成果は、これまでアマゾン川流域地帯では知られていなかった熱帯での低密度都市生活様式の1つのタイプが発見されたことを意味し、スペイン人が侵略する以前のアマゾン川流域の西部の人口密度が、これまで考えられていたほど低くなかったことを示唆している。

アマゾン川流域で西暦500~1400年ごろに繁栄していたカサラベ文化に関する我々の理解は、数か所の孤立した集落遺跡から得られた証拠に限られている。これは、密な植生のために、熱帯林において遺跡の地図を作製することが難しくなっていることによる。そのため、主要な遺跡における公共祭祀建造物とカサラベの集落の地域的構成に関する我々の知識は限られている。

今回、Heiko Prümersたちは、カサラベ文化圏に属するボリビアのアマゾン川流域のリャノス・デ・モホスの4500平方キロメートルの地域内で、6つの区域を調べた。Prümersたちは、LiDAR(光検出・測距)と呼ばれる技術を用いて、密集した植生をバーチャルに「こすり落とし」て、林冠の下にある土地と考古学的遺跡を可視化した。その結果、2か所の大型集落(コトカ、ランディヴァル)の遺跡と、24か所のそれより小規模な集落の遺跡が発見された。このうち、以前から存在が知られていたのは15か所だけだった。Prümersたちは、盛り土による基礎平場のサイズ、その上に配置された建造物、用水路・貯水池システムなどの要素に基づいて、これらの遺跡を4階層に分類した。建造物には、U字形の構造物、盛り土による長方形の高台、最大22 メートルの高さの円錐ピラミッドが含まれていた。

今回の知見は、スペイン人が侵略する以前のアマゾン川流域の歴史に関する現在の学説に異を唱え、アマゾン川流域における熱帯の古代文明に関する我々の知識を深めるものである。

The discovery of the archaeological remains of 11 previously unknown settlements of the Casarabe culture, which dates to around AD 500 to AD 1400, in south-west Amazonia are reported in a Nature paper. The findings represent a type of tropical low-density urbanism that was previously unknown in the Amazon, and suggest that western Amazonia was not as sparsely populated in pre-Hispanic times as previously thought.

Our understanding of the Casarabe culture, which developed between AD 500 and AD 1400 in Amazonia, has been restricted to evidence from a few isolated sites, as dense vegetation makes mapping tropical forests difficult. Therefore, our knowledge of the civic-ceremonial architecture of the major sites and of the regional organization of the Casarabe settlements has been limited.

Heiko Prümers and colleagues examined six areas within a 4,500-km2 region of the Llanos de Mojos, Bolivian Amazon, that belonged to the Casarabe culture. The authors used a technique called lidar (light detection and ranging), which allowed them to virtually ‘scrub away’ the dense vegetation to visualize the land and archaeology underneath the forest canopy. They found two large settlement sites, named Cotoca and Landívar, and 24 smaller sites, of which only 15 were previously known to exist. The authors generated a four-tiered hierarchical classification of the sites, based on factors such as the size of their earth platforms, the architecture on top of them and their canals and water reservoir systems. The structures included U-shaped structures, rectangular platform mounds and conical pyramids up to 22 metres tall.

The findings challenge current understandings of the pre-Hispanic history of Amazonia and improve our knowledge of ancient tropical civilizations in the Amazon.

doi: 10.1038/s41586-022-04780-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度