Research press release

古生物学:翼竜の起源をたどる

Nature

Palaeontology: Tracing the origins of pterosaurs

動力飛行を行った最初の脊椎動物である翼竜類に最も近い進化的近縁種は、ラゲルペトンという小型の恐竜に似た動物の分類群である可能性を明らかにした論文が、Nature に掲載される。この知見は、翼竜類の起源、特殊化したボディープランと飛行能力を研究するための新たな枠組みをもたらす。

翼竜類の起源をたどることは難しく、古生物学の未解決問題となっている。翼竜類は、恐竜を含むさまざまな爬虫類の近縁種だとする仮説が提起されているが、翼竜類以外の分類群と翼竜類を排他的に結び付ける納得のいく証拠は得られていない。今回の研究で、Martín Ezcurraたちの研究チームは、恐竜の前駆動物である2本足の爬虫類分類群であるラゲルペトンが翼竜類の姉妹分類群かもしれないと示唆している。

Ezcurraたちは、翼竜類とラゲルペトンの遺骨のマイクロCTスキャンと3D再構成を行って、解剖学的構造の類似点を明らかにした。ラゲルペトンは飛行できなかったが、その独自の特徴の一部(内耳の形状など)が翼竜類と同じであり、これが両者の関係に説得力を持たせている。また、ラゲルペトンには、翼竜類の高度な感覚能力に関連する脳の特徴が見られ、これらの特徴は飛行を行う以前に進化したことを示している。

この証拠は、脊椎動物の進化の中で最も驚くべき新機軸の1つである「空の征服」を実現した翼竜類の独自のボディープランの組み立ての初期段階を明らかにしたものである。陸上脊椎動物が飛行脊椎動物に変化した正確な過程はまだ分かっていないが、今回得られた知見は、最古の翼竜類とそれに最も近い近縁種との間に存在する時間的空白と解剖学的空白を小さくする。

The closest evolutionary relatives of pterosaurs, the first vertebrates to evolve powered flight, may be a group of small, dinosaur-like animals known as lagerpetids, a Nature study reveals. This finding provides a new framework to study their origin, specialized body plan, and flying capabilities.

Tracing the origins of pterosaurs has been difficult, and remains an unsolved question in palaeontology. Pterosaurs have been hypothesized as close relatives of various reptilian groups, including dinosaurs, but no convincing evidence has been advanced to link any non-pterosaur group with pterosaurs exclusively. In this study, Martín Ezcurra and colleagues suggest that lagerpetids, a group of two-legged reptiles that were precursors to dinosaurs, may be a sister group of pterosaurs.

The authors identify similarities in pterosaur and lagerpetid anatomy using micro-computed tomography scans and 3D reconstructions of skeletal remains. Lagerpetids could not fly, but some unique features—such as the shape of the inner ear—that they share with pterosaurs make a compelling case for the relationship. Brain features relating to the enhanced sensory capabilities of pterosaurs are also present in lagerpetids, which indicates that these features evolved before flight.

This evidence illuminates the first steps of the assembly of the unique pterosaur body plan, whose conquest of the air represents one of the most astonishing innovations in vertebrate evolution. Although the exact transition between land-dwelling and flying vertebrates remains unknown, these findings shorten the temporal and anatomical gap between the oldest pterosaurs and their closest relatives.

doi: 10.1038/s41586-020-3011-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度