Research press release

進化:石器に関する学説がブラジルのサルに叩き壊される

Nature

Evolution: Brazilian monkeys smash stone-tool theory

ブラジルに生息する野生のヒゲオマキザル(Sapajus libidinosus)は、意図的に石を壊すことがあり、その結果出来上がった石の剥片が初期ヒト族の道具である刃の鋭い剥片石器に似ていることを報告する論文が、今週掲載される。ヒゲオマキザルがなぜこうした行動をとるのかは分かっていないが、今回の研究結果は、鋭利な石を作る行為がヒト族に独自なものではないことを示唆している。

古人類学者は、剥片石器の顕著な特徴(例えば、鋭い刃先)を使って、遺跡発掘現場で見つかった石の破片を分別して、自然に壊れてできた破片の中から石器を見つけ出している。これまでに行われたヒト族の意図的な剥片の作製と野生の霊長類による石器利用の比較研究では、西アフリカのチンパンジーが研究対象になっていた。

今回、Tomos Proffittの研究チームは、ブラジルのセラ・ダ・カピバラ国立公園でヒゲオマキザルを観察し、石の破片を使っているサルが見つかると、直ちにその破片を集めた。それと同時に、同じ地域の地表調査と遺跡発掘現場でも石の破片を集めた。また、ヒゲオマキザルは、石に別の石を何度も叩きつけ、両方の石の表面をつぶし、石を壊して、無意識に石の剥片を作り出し、これが意図的に作り出されたヒト族の石器の特徴と形状を持っていたことも明らかになった。このサルは、壊れたハンマーストーンの破片を新たなハンマーとして再利用しているところも観察されたが、壊れた石器の鋭利な刃先を使って他の物体を切断したり、こすりとったりすることは観察されていない。

Proffittたちは、補強証拠(例えば、切り痕のある骨)がない場合には、鋭利な剥片の作製を我々の祖先による意図的な切断用剥片石器の作製と結び付けて考えることはできなくなったという結論を示している。

Wild capuchin monkeys in Brazil deliberately break stones, unintentionally producing flakes similar to the ancient sharp-edged flakes seen in early hominin tools, reports a paper published online in Nature this week. Although it is unclear why the monkeys engage in this behaviour, the results suggest that the production of sharp-edged stones can no longer be considered unique to hominins.

Palaeoanthropologists use the distinctive characteristics of flaked stone tools - such as sharp, cutting edges - to identify and distinguish tools from naturally broken stones at archaeological sites. Previous comparisons between hominin intentional stone flaking and wild primate stone tool use have focused on West African chimpanzees.

Tomos Proffitt and colleagues observed wild bearded capuchin monkeys (Sapajus libidinosus) in the Serra da Capivara National Park in Brazil. The authors collected fragmented stones immediately after capuchins were observed using them, as well as from surface surveys and archaeological sites in the same area. They find that as monkeys repeatedly pound one stone onto another, deliberately crushing the surface of both, they break the stones, unintentionally producing flakes with the characteristics and shape of deliberately produced hominin tools. Although the monkeys were seen to re-use broken hammer-stone parts as fresh hammers, they were not observed using the sharp edges of fractured tools to cut or scrape other objects.

The authors conclude that, in the absence of supporting evidence, such as cut-marked bones, sharp-edged flake production can no longer be solely associated with the intentional production of cutting flakes by our ancestors.

doi: 10.1038/nature20112

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度