Nature ハイライト

免疫学:広域中和抗体の臨床応用

Nature 561, 7724

M Nussenzweigたちは今回、HIV感染者に対して、抗レトロウイルス療法の中断後に2つの広域中和抗体を投与するという併用療法の第1b相臨床試験の結果を報告している。この治療法によるウイルス抑制は、15週から30週以上にわたって維持され、その中央値は21週だった。

2018年9月27日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度