Nature ハイライト

Cover Story: 穀類ゲノムの収納術:オオムギのゲノムから染色体の区画化が明らかに

Nature 544, 7651

六条オオムギの在来品種。
六条オオムギの在来品種。 | 拡大する

Credit: Nils Stein

約1万年前に栽培されるようになったオオムギは、農業が始まって以来ずっと主要な作物であり続けてきた。今回、国際オオムギゲノム配列決定コンソーシアムのN Steinたちは、この重要な穀類の参照ゲノムの塩基配列解読とアセンブリについて報告している。彼らは、細菌人工染色体を用いた階層的ショットガン塩基配列解読法、ナノチャネルアレイでのゲノムマッピング、および3C法(chromosome conformation capture)による染色体スケールの骨格構築を組み合わせて、オオムギ(Hordeum vulgare L.)のゲノム配列を得た。この結果は、コムギ連ゲノムとしては初の、完全に順序の定まった動原体周辺領域の包括的構造であり、オオムギの7つの染色体それぞれが、3つの区画に分かれていることが明らかになった。さらに著者たちは、ヨーロッパ産のオオムギのエリート品種96系統(春播性と秋播性の両方の品種を含む)について塩基配列を解読し、遺伝的多様性を調べ、この塩基配列が穀類のゲノミクスと育種プログラムに役立つ可能性があることを示している。

News & Views p.424
doi: 10.1038/544424a | 日本語要約 | Full Text | PDF
Article p.427
doi: 10.1038/nature22043 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年4月27日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度