目次

Editorials

各国政府は、再生可能エネルギーが活用できるよう、配電網システムの全面的見直しを進める必要がある。

doi: 10.1038/454551b

現在のさまざまなエイズ対策は期待された効果が上がらず、支持を失いつつあるが、非難や中傷合戦は救いにはならない。

A chorus of disapproval p.551

doi: 10.1038/454551a

第3回を迎えたユーロサイエンス・オープン・フォーラムは期待以上の成功を収めたが、さらに高い目標を目指すことも可能だ。

p.552

doi: 10.1038/454552a

News

英国が、テロ組織との関連があるとされた「監視対象者」の、中高レベルの化学、生物学履修を禁止。

doi: 10.1038/454557b

インフォームドコンセントの不備で、米国の幹細胞系列の一部が利用不可に。

p.556

doi: 10.1038/454556a

イタリアの宇宙機関の総裁に、宇宙科学関連企業の実業家が。

p.557

doi: 10.1038/454557a

SPECIAL REPORT 低コストで大量生産可能な新しい太陽電池に産業界の期待が高まっているが、科学者からは冷めた意見も。

p.558

doi: 10.1038/454558a

ギリシャ時代の精巧な計算機アンティキティラ・メカニズムは、複数の暦の統合にも使えた可能性が。

p.561

doi: 10.1038/454561a

マイクロRNAの影響を受ける生物学的に重要なタンパク質は、膨大な数に上ることが初の大規模解析で明らかに。

p.562

doi: 10.1038/454562a

Q&A 米フェルミ国立加速器研究所長Pier Oddone氏に、米国の粒子加速器分野の将来を訊く。

p.563

doi: 10.1038/454563a

News Features

HIVワクチン:次のショット

p.565

20年にわたって挫折続きのHIVワクチン開発だが、ベテランも、そして若手も取り組みを続けている。

doi: 10.1038/454565a

電力生産:送電網の性能改善

p.570

社会の変化に伴い、電力供給はさまざまな複雑な要求に応えていかなければならない。

doi: 10.1038/454570a

News & Views

ナノテクノロジー:分子囲い由来のパターン

p.585

多くのナノテクノロジーデバイスにとって、表面にナノメートルスケールで正確に配置された分子配列からなる構造は必須である。こうしたものを作る方法の1つは、分子を自発的に配列させるというものだ。

doi: 10.1038/454585a

がん:がん制御のすべてに迫る

p.586

悪性化の可能性がある細胞を修復できない時は、それを停止させるか殺すかしなければならない。がん細胞候補の時期尚早な老化は、こうした「停止」機構の1つであり、これには免疫仲介因子が予想外の役割を担っている。

doi: 10.1038/454586a

惑星科学:タイタン上の有機物の湖

p.587

カッシーニ探査機は土星を周回している間に、土星の最大の衛星であるタイタンにエタンを含む湖があることを見いだした。これまでのところ、タイタンは地球以外では唯一の、表面上に液体が存在する天体である。

doi: 10.1038/454587a

行動神経科学:恐怖の回路

p.589

理屈に合わない恐怖を克服するのは難しい。それは恐怖認識を制御する特殊な神経回路が脳内に組み込まれているためで、恐怖がすでに克服されたようにみえる場合ですら恐怖がよみがえってくることもある。

doi: 10.1038/454589a

材料科学:望ましい終わり

p.591

マルチフェロイック材料は複雑なドメイン構造をもっており、そのためこうした材料の挙動を正確に明らかにするのは困難である。したがって、単一ドメインからなるマルチフェロイック結晶を作製して、それを調べられるようになれば、大きな進展といえる。

doi: 10.1038/454591a

発生生物学:ショウジョウバエの腸はヒトによく似ている

p.592

ヒトとショウジョウバエの共通点は、少なくとも細胞や分子レベルでは非常に多い。例えば、ヒトの腸は、機能だけでなく発生や維持といった面でもショウジョウバエに大変よく似ている。

doi: 10.1038/454592a

構造生物学:すべて同じというわけではない

p.593

輸送体タンパク質がイオンと溶質の両方を同時に細胞内に輸送する過程は、まだ解明されていない。構造的に関連のある輸送体について、異なる輸送段階の構造を比較すると、とてもおもしろい考察が得られる。

doi: 10.1038/454593a

Articles

細胞:新種のホモセリンラクトンからなるクオラムセンシング・シグナル

A new class of homoserine lactone quorum-sensing signals p.595

doi: 10.1038/nature07088

行動:別個の神経回路による恐怖のスイッチ切り替え

Switching on and off fear by distinct neuronal circuits p.600

doi: 10.1038/nature07166

Letters

宇宙:タイタンのオンタリオ湖における液体エタンの同定

The identification of liquid ethane in Titan's Ontario Lacus p.607

doi: 10.1038/nature07100

考古学:アンティキティラの機械にあったオリンピア紀表示機能および食予測機能付きカレンダー

Calendars with Olympiad display and eclipse prediction on the Antikythera Mechanism p.614

doi: 10.1038/nature07130

ナノテクノロジー:自己組織化単分子層による水素結合表面ネットワークの機能化

Functionalizing hydrogen-bonded surface networks with self-assembled monolayers p.618

doi: 10.1038/nature07096

地球:深部に沈み込んだ海洋地殻の初生カーボナタイトメルト

Primary carbonatite melt from deeply subducted oceanic crust p.622

doi: 10.1038/nature07132

進化:化石記録にみられる絶滅選択性の環境的決定要因

Environmental determinants of extinction selectivity in the fossil record p.626

doi: 10.1038/nature07032

進化:ヘビの牙の進化的起源と発生 

Evolutionary origin and development of snake fangs p.630

doi: 10.1038/nature07178

医学:臨界パーコレーション現象としてのペストの個体数閾値 

The abundance threshold for plague as a critical percolation phenomenon p.634

doi: 10.1038/nature07053

発生:Fgf/Gremlin抑制フィードバックループは肢芽の伸長停止を誘導する

An Fgf/Gremlin inhibitory feedback loop triggers termination of limb bud outgrowth p.638

doi: 10.1038/nature07085

行動:扁桃体介在ニューロンは恐怖消去の発現に必要である

Amygdala intercalated neurons are required for expression of fear extinction p.642

doi: 10.1038/nature07167

細胞:2つの因子を使う初期化により成体神経幹細胞から誘導された多能性幹細胞

Pluripotent stem cells induced from adult neural stem cells by reprogramming with two factors p.646

doi: 10.1038/nature07061

細胞:ショウジョウバエ成虫の後腸幹細胞の挙動はWntシグナル伝達とHhシグナル伝達によって制御される

The behaviour of Drosophila adult hindgut stem cells is controlled by Wnt and Hh signalling p.651

doi: 10.1038/nature07156

血管:VEGFR-3の遮断は血管新生の出芽と血管網形成を抑制する

Blocking VEGFR-3 suppresses angiogenetic sprouting and vascular network formation p.656

doi: 10.1038/nature07083

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度