Research Abstract

科学と自然体験

Science and the experience of nature

2018年8月24日 Nature Sustainability 1 : 8 doi: 10.1038/s41893-018-0124-y (2018)

現在と将来の生態系の健全性を高めると同時に人間の幸福を向上させるためには、人間社会はどのような行動を取るべきだろうか? 本稿は、この問題は効果的な科学や政策を探ったり、サイエンスコミュニケーションの質を向上させたりするだけでは解決できないことを示す。科学と政策は、より根源的な視点から検討する必要がある。本稿では、社会的集団が自らの置かれた環境に見いだしてきた意味や、こうした意味を物質文化の全体像やその他の側面に組み込む方法や、そこからもたらされる個人的および集団的な自己意識に注目する、より深い超学際的方法について論じる。人間中心主義的環境科学とは、一言で言えば、動的だが可変的な自然についての人間の経験を研究することである。

Daniel Niles and Narifumi Tachimoto

Corresponding Author

Daniel Niles
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター

How should human societies act to enhance ecological integrity and improve human well-being in tandem, now and in the future? In this Perspective, we suggest that this question is not simply a matter of defining the appropriate science and policy, or in achieving improvements in the quality of science communication. Instead, science and policy must draw from deeper waters. We discuss a deeper transdisciplinary approach that gives attention to the meanings that societal groups find in their environments, as well as the ways in which these meanings are embedded in landscapes and other aspects of material culture and inform the individual and collective sense of self. A humanistic environmental science, in short, examines human experience of a dynamic, yet changeable nature.

プライバシーマーク制度