Nature Biomedical Engineering

疾患の解明や人間の健康の改善に関心をもつ実験系研究者、臨床医、エンジニアのためのジャーナルNature Biomedical Engineering を2017年1月に創刊しました。

Nature Biomedical Engineering は、医用生体工学コミュニティーにとって大きな意義のある原著論文、総説、解説を掲載します。読者層には、疾患の解明や撲滅のための材料、方法、技術、治療法の考案に関心をもつ実験系研究者、医用装置と手順の設計や最適化を行うエンジニア、医用生体工学の研究成果を活用してさまざまな臨床環境および医療的状況で患者の健康評価や治療を行う臨床医が含まれます。

すべての Nature 関連誌と同じように、Nature Biomedical Engineering は、専任の専門エディターチームによって運営され、公正かつ厳格な査読プロセス、高水準の原稿整理と制作、迅速な論文掲載、編集の独立性を特徴としています。

最新Research

アーティファクトのない128チャンネルの無線神経調節機器による非ヒト霊長類の閉ループ刺激と記録

A wireless and artefact-free 128-channel neuromodulation device for closed-loop stimulation and recording in non-human primates

掲載

閉ループの128チャンネル無線神経調節機器により、無拘束の非ヒト霊長類の脳で、電気刺激とともに、アーティファクトのない局所電場電位の長期記録が行われる。

メトロノミック光線力学的がん治療に向けた組織接着性・無線給電式発光デバイス

Tissue-adhesive wirelessly powered optoelectronic device for metronomic photodynamic cancer therapy

掲載

組織に接着する埋め込み型の無線給電式発光デバイスが、低強度光を長時間照射する光線力学療法によって、皮内に腫瘍を移植されたマウスに有意な抗腫瘍効果を発揮した。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

コレクション

人工組織

2018年12月

人工組織はますます高度なものになりつつあり、ヒト疾患のin vitroモデルとして疾患メカニズムの研究を支えるようになっていくことが期待される。

医療における機械学習

2018年10月

疾病の診断および医療データの整理分類を加速させる機械学習の威力は医師の力となり、臨床現場での意思決定を迅速化させる。

その他の「コレクション」

著者インタビュー

人工硝子体として長期埋め込み可能なゲル

酒井 崇匡氏

大量の水を含み弾力性に富んだハイドロゲルは生体軟組織と似ており、医療材料として注目されている。一方で、生体内で膨潤、白濁、炎症などを引き起こすといった問題も抱えており、広く実用化されているものはあまりない。このほど、酒井崇匡・東京大学大学院准教授らは、膨潤や白濁の問題をクリアし、液体からゲル化までの時間も制御できる、注入可能なハイドロゲルを開発。実際にこのハイドロゲルをウサギに導入し、長期の埋め込みが可能な人工硝子体としての安全性を確認した。

編集長インタビュー

技術の融合による応用生物医学の前進

2018年9月初旬、Nature Biomedical Engineering のPep Pàmies編集長が来日しました。Nature Biomedical Engineering は、組織工学、バイオメディカルイメージング、再生医療、医療機器、細胞療法、体外診断などの応用生物医学分野で最新の成果を扱うジャーナルです。日進月歩のこの分野においてPàmies編集長は、ジャーナルの運営やその内容の管理監督はもちろんのこと、社説の執筆やレビューなどの依頼、論文をはじめとする原稿の対応、さらにはトレンドの追跡調査など、多岐にわたる業務に当たっています。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Biomedical Engineering に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Biomedical Engineering では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Biomedical Engineering に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度