Nature Biomedical Engineering コレクション

Nature Biomedical Engineering のCollectionsセクションでは、明日の医療に影響を及ぼす可能性のある生物医学技術を厳選し、トピックごとにまとめています。

人工組織

2018年12月

人工組織はますます高度なものになりつつあり、ヒト疾患のin vitroモデルとして疾患メカニズムの研究を支えるようになっていくことが期待される。

医療における機械学習

2018年10月

疾病の診断および医療データの整理分類を加速させる機械学習の威力は医師の力となり、臨床現場での意思決定を迅速化させる。

ポイントオブケア装置

2018年9月

装置の検証は、ポイントオブケアでのより広範な有用性を証明するために、標的集団内で、最も適切な環境および使用条件において実施すべきである。


がん免疫療法

2018年8月

複数の免疫経路を標的とするがん治療は、殺細胞効果が相乗的に増し、再発リスクを低下させる。


神経工学のための技術

2018年7月

中枢・末梢神経系疾患のモデル化および治療には、生体材料や技術の大幅な進歩が必要である。


細胞治療

2018年6月

細胞治療への期待を結果につなげるには、安全性および有効性に影響する因子や生物学的機序の発見、そして細胞の低コストな収集、増殖、操作、精製法の考案に対して、いっそうの努力を傾注する必要がある。

この特集は、心臓再生医療と免疫療法に重点を置きながら細胞治療の最新技術を概説し、今後の課題を探る。


薬剤・生物製剤の送達

2018年5月

治療法の開発には、目的とする組織や細胞への治療薬送達に対する物理化学的・生物学的障壁を克服する効率的な手法がきわめて重要である。


診断のための技術

2018年4月

正確な診断を行うには、撮像ハードウエアや画像再構成から機械学習まで、病因と関係するマーカーを検知するための技術が必要である。


組織病理学

2017年12月

顕微鏡法の進歩および組織学への機械学習の応用は、臨床検査室や手術室での組織検査を刷新すると考えられる。


ゲノム工学

2017年11月

ゲノムおよびエピゲノムの構成や組成に関する知識がたえず進歩を続けるかたわら、DNA操作のための技術的ツールボックスも拡充されてその精度が向上していることから、既存の治療法が奏効しない疾患への取り組みにゲノム工学的手法をどうつなげうるかの探究が推進されている。


埋植用生体材料

2017年6月

埋植用生体材料の機能的耐久性を向上させる戦略は、生体材料そのものの維持よりも、その機能の維持のほうが重要と考えられることを示唆している。


がん診断法

2017年4月

血中のがんバイオマーカーの分離とイメージングプローブの進歩は、がんの早期発見に役立つと考えられる。


生体電子デバイス

2017年3月

工学と材料科学の進歩が、診断・治療用生体電子デバイスの小型化と長期的安定稼働を促進する。

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度