Research press release

心臓組織を再生する

Nature Materials

Don’t stop the beat

ラットの心臓組織を再生する新種の足場材が、Nature Materials(電子版)に発表される。研究者らは、「アコーディオンのような」三次元構造体によって、心臓細胞を特定方向に成長・配向させることができ、予備試験的にではあるが、かつての心臓組織工学モデルにおける構造的・機械的限界の多くが克服されうることを示している。

体中に血液を送る能力をもつ心臓は、多層組織からなる複雑な臓器である。心筋組織を再生する材料の作製は、困難であることがわかっていた。L Freedらの足場材は、ラットの心臓組織の機械的特性とよく合っており、電気刺激による心臓細胞収縮性の誘発を可能にする。Freedらの足場材は、細孔が相互接続した三次元細孔ネットワークをもつ2層足場材料から作られており、アコーディオンのようなハニカム構造をとる。それらの材料はまだin vivoで実証されていないが、研究チームは、これらのアコーディオン状の構造足場材が、組織に特化した足場材を組織工学戦略に組み入れるための下地を作ると主張している。

A new type of scaffold for the engineering of rat heart tissue is published in Nature Materials this week. Researchers show that the ‘accordion-like’ three-dimensional structure allows the heart cells to grow and orient in certain directions and, although preliminary, may overcome many of the structural?mechanical limitations experienced in previous cardiac tissue engineering models.

The heart is a complex organ comprising multi-layered tissue, with the ability to pump blood around the body. The creation of materials to engineer heart muscle tissue has proven challenging. Lisa Freed and colleagues’ scaffold closely matches the mechanical properties of rat heart tissue, and allows the induction of heart-cell contractility following stimulation with an electric field. Their scaffold is engineered from bilaminar scaffolds with three-dimensional interconnected pore networks, creating an accordion-like honeycomb structure. Although they have not demonstrated their materials in vivo, the team argues that these accordion-like structural scaffolds pave the way towards further integration of tissue-specialized scaffolds into tissue engineering strategies.

doi: 10.1038/nmat2316

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度