Research press release

力学的記憶を持つ幹細胞

Nature Materials

Stem cells with mechanical memory

幹細胞の運命は過去の環境の剛性の影響を受ける可能性があることが、今週のオンライン版に報告されている。

以前の研究から、幹細胞の目下の局所的環境からの力学的なきっかけ(培養ゲルの剛性など)が幹細胞の分化を方向づける可能性が示唆された。今回Kristi Ansethたちは、ヒト間葉系幹細胞の培養履歴、特に細胞が異なる剛性のゲル上で培養された時間の長さも、細胞の今後の運命決定に影響を及ぼすことを見いだした。この「力学的記憶」効果は、転写コアクチベーターYAPおよびTAZによって仲介されるとのことである。Ansethたちは、過去の環境から得た情報を保持する幹細胞の能力を利用して、ほとんどの幹細胞が自然に脂肪細胞になると思われる基材上で、ほとんどの幹細胞が骨細胞に分化するよう誘導した。

The fate of stem cells can be affected by the stiffness of their past environments, reports a paper published online in Nature Materials.

Previous studies have shown that mechanical cues from the current local environment of the stem cells - such as the stiffness of the gel they are cultured on - can direct how they will differentiate. Kristi Anseth and colleagues found that the culture history of human mesenchymal stem cells, in particular the amount of time that the cells had been cultured on gels with different stiffness, also influenced the cells’ future fate decisions. This ‘mechanical memory’ effect, the authors report, is mediated by the transcriptional co-activators YAP and TAZ. The researchers harnessed this ability of stem cells to retain information from past environments to induce them to differentiate largely into bone cells on substrates where they would naturally become mostly fat cells.

doi: 10.1038/nmat3889

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度