Research press release

さまざまなタイプの腫瘍を画像化する

Nature Materials

Imaging tumours of diverse types

マウスのさまざまなタイプの腫瘍を強調して画像化できるナノ粒子イメージングシステムが、今週のオンライン版に報告されている。

さまざまな遺伝子型と表現型のがんが存在することから、がん診断に広く適用できるイメージング法を見いだすことは困難である。しかし、腫瘍微小環境の共通因子(酸性度上昇、急激な血管増殖など)を検出に利用できる可能性がある。

このたび、Jinming Gaoたちは、pHに非常に敏感な一連の蛍光ナノ粒子を用いて、広範囲のマウスがんモデルにおける腫瘍微小環境内の酸性度と増殖血管系を検出できることを報告している。これらのナノ粒子は、血液循環中は見えないが、酸性環境または新生腫瘍血管に到達すると光る。また、異なる色の色素を導入することによって、さまざまな腫瘍を同時にモニタリングできる。

さらに、Gaoらは、今回のイメージング法で腫瘍を迅速に(静脈注射後1時間以内に)検出でき、非常に小さな腫瘍(約1 mm3)も認識できることを示している。したがって、急性薬物治療後、直接応答を検出することが可能である。

A nanoparticle imaging system capable of highlighting a broad range of tumour types in mice is reported in a study published online in Nature Materials this week.

Cancers exist in a variety of genotypes and phenotypes and, as a consequence, finding an imaging strategy that can be widely applied in cancer diagnostics is challenging. However, there are some common factors of the tumour microenvironment, such as elevated acidity and rapid blood vessel growth, that could be exploited for detection.

Jinming Gao and colleagues describe a series of ultra pH-sensitive fluorescent nanoparticles that can detect the acidity and developing vasculature within the microenvironment of tumours in a broad range of mouse cancer models. The nanoparticles cannot be seen while in circulation in the blood but light up when they reach the acidic environment or new blood vessels of the tumours. By incorporating different colour dyes, simultaneous monitoring of many different tumours is possible.

The researchers also show that their imaging strategy can detect tumours rapidly (within the first hour following intravenous injection) and can recognize very small tumours (~1 mm3), enabling the detection of responses directly following acute drug treatments.

doi: 10.1038/nmat3819

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度