Research press release

圧力を見る

Nature Materials

Seeing the pressure

指でタッチしたときの位置と強度を瞬時に可視化できる柔軟な電子「皮膚」についての報告が、今週オンライン版に掲載される。試作品は、かけた圧力に応じて輝度が変化するカラーピクセルアレイがプラスチック基板上に搭載されたものであり、人間が読めるインターフェースの外部接続がなくても動作する。

Ali Javeyらは、圧迫すると電流を流す導電性ゴムと有機発光ダイオードマトリックスとを組み合わせてデバイスを作製し、各ダイオードにかかる力によって発光強度を調節できること、つまり強く押すほど明るく光ることを示した。このセンサー・ディスプレイ一体型デバイスは、曲面に対応可能なフレキシブルプラスチック基板の上に搭載されている。

Javeyらによると、このデバイスは、プラスチック基板を用いて達成できる複雑さの程度を示す例であるとのこと。今回の研究で、大面積フレキシブル基板上に電子回路、発光ダイオード、センサーを実現する手法が利用可能になった。これを基に、自動車、ロボット工学、医学などへの応用向けにさまざまな集積システムの設計・作製が可能になるかもしれない。

Flexible electronic ‘skin’ that allows the visualization of the position and intensity of a finger touch instantaneously is described online in Nature Materials this week. In the prototypes, arrays of coloured pixels whose brightness is controlled by the applied pressure are realized on a plastic substrate, and work without the need for external connections to human-readable interfaces.

Ali Javey and colleagues combined a matrix of organic light-emitting diodes with a conductive rubber that, when compressed, allows electric current to flow. The researchers show that the force applied to each diode can control the intensity of the light emitted: the harder the push, the brighter the display. This integrated sensor-and-display device rests on a flexible plastic substrate that can adapt to curved surfaces.

The researchers suggest that this device is an example of the degree of complexity that can be reached using plastic substrates. The availability of technologies to realize electronic circuitries, light-emitting devices and sensors on flexible substrates, and also on very large areas, may inspire the design and fabrication of a broad range of integrated systems for automotive, robotics or medical applications.

doi: 10.1038/nmat3711

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度