Research press release

水素を観察する

Nature Materials

Hydrogen in view

最新式の透過電子顕微鏡で結晶中の水素原子を直接画像化できたことが、Nature Materials(電子版)に報告される。

ここ数年の電子光学の発展によって、数種の軽元素の画像化が可能になった。しかし、最も軽い水素は、電子ビームとの相互作用が弱いため、最も強力な顕微鏡を用いても観察が困難であった。このたび、阿部英司(東京大学)らは、水素化イットリウム(YH2)中の水素原子を画像化することにより目標を達成した。研究者らが用いたのは、特別構成の環状明視野走査透過電子顕微鏡である。片方から電子ビームを結晶に照射すると、反対側の検出画像上で原子が暗いスポットとして現れる。

Hydrogen atoms in a crystal have been directly imaged using a state-of-the-art transmission electron microscope, reports a paper online this week in Nature Materials.

Developments in electron optics during the past few years have allowed the imaging of several light elements. Hydrogen — the lightest of all — has eluded even the most powerful microscopes because of its very weak interaction with electron beams. Eiji Abe and co-workers have now achieved the goal of imaging atoms of this element in a specimen of yttrium hydride (YH2). They use a particular configuration of scanning transmission electron microscopes named annular bright field, in which an electron beam hits a crystal on one side and the atoms appear as dark spots on the images detected on the other side.

doi: 10.1038/nmat2957

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度