Research press release

コンビナトリアル法で培養基質を探す

Nature Materials

Culturally combinatorial

動物成分などの添加物を用いなくても、ヒト幹細胞を単一解離細胞からクローン増殖できることが、Nature Materials(電子版)に報告される。この迅速かつ量的な方法によって、臨床的に重要な単細胞のクローン培養物が容易に得られるようになるかもしれない。また、それらの遺伝子操作への応用やさまざまな治療目的での利用という可能性が開かれる。

D Andersonらは、何百もの高分子基質を分析して、基質表面の化学的性質と幹細胞応答の間の構造機能相関を見いだす高スループット・コンビナトリアル・アレイ法について報告している。Andersonらは、完全に解離した単一ヒト多能性幹細胞(すなわち、あらゆる細胞型に分化する能力をもつ細胞)のクローン増殖に使用できる培養基質を発見し、フィーダー細胞や動物成分のない環境で多能性幹細胞を誘導した。このような添加成分を使用しないため、免疫拒絶問題のリスクが軽減されるかもしれない。

Clonal growth of human stem cells from a single dissociated cell, and without the need for added animal and other components, is reported online this week in Nature Materials. This rapid and quantitative method could lead to the easy generation of cloned cultures of clinically important single cells, opening up the possibility for use in gene manipulation and for various therapeutic purposes.

Daniel Anderson and colleagues describe a high-throughput combinatorial array method for analysing hundreds of polymer substrates to find structure-function relationships between the chemistry of the substrate surface and the response of the stem cell. They discovered culture substrates that can be used to clonally expand fully dissociated single human pluripotent stem cells ― that is, that have the ability to differentiate into any cell type ― and induced pluripotent stem cells in an environment without feeder cells and animal components. Avoiding usage of these additional components may reduce the risk of immune rejection problems.

doi: 10.1038/nmat2812

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度