Research press release

がん細胞を殺す新しい方法

Nature Materials

A new way to kill cancer cells

磁性ナノディスクを使ってがん細胞を殺す方法が、Nature Materials(電子版)に報告される。今回の方法は、以前の方法の10分の1の強さの磁場を、はるかに低い周波数で利用するものである。これにより、強磁場に伴う副作用を避けることができるであろう。

E Rozhkovaらは、非常に薄く小さなパーマロイ(鉄とニッケルからなる磁性合金)ディスクを作製した。パーマロイディスクの中では、すべての原子の磁化が同心円状に並んでおり、「磁気渦」を形成する。交番磁場をかけるとパーマロイディスクは振動する。Rozhkovaらは、この振動が癌細胞膜を損傷しプログラム細胞死を引き起こすことを、実験室試験で示している。

この方法によって、磁性粒子療法の臨床利用を妨げてきた問題の一部(強磁場や、永久磁化をもつ粒子の体内での蓄積・凝集など)が克服されることになる。

A method to kill cancer cells using magnetic nanodiscs is reported online in Nature Materials this week. The method uses magnetic fields only one tenth the strength of those of used in previous approaches, and at much lower frequencies, and so therefore could avoid the negative side effects associated with higher-strength fields.

Elena Rozhkova and colleagues made tiny, ultrathin discs of permalloy ― a magnetic alloy composed of iron and nickel ― in which the magnetization of all the atoms are arranged in concentric circles, creating a 'magnetic vortex'. When an alternating magnetic field is applied, the discs oscillate. In laboratory tests, the authors show that the oscillations disrupt the membranes of cancer cells and initiate programmed cell death.

This approach overcomes some of the problems that have prevented magnetic-nanoparticle therapies from being used clinically, such as high fields and accumulation of particles with permanent magnetization into clumps in the body.

doi: 10.1038/nmat2591

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度