Research press release

細胞の柔らかさが力に対する感受性に影響を与える

Nature Materials

Cell softness dictates sensitivity to force

Nature Materials(電子版)で発表された研究によると、細胞が自らにかかる局所応力に対してどのように応答するかは、細胞自体の「柔らかさ」に依存する。このことは、柔らかい胚の初期発生において、細胞にかかる小さな物理的な力がかつて考えられていたよりもはるかに重要な役割を果たすことを示唆している。

N Wangらは、非常に柔らかい個々のマウス胚幹細胞の片側に振動する小さな局所応力をかけると、それらの細胞が伸展することを見いだした。これとは対照的に、10倍の堅さの細胞は、同程度の応力に反応しなかった。しかし、堅い細胞を人工的に柔らかくすると、柔らかい幹細胞と同じように反応した。

細胞を付着させる材料の剛性が細胞応答に大きな影響を及ぼすことは既に示されていた。今回の研究から、細胞構造が力によってどれほど変形するかが、細胞応答の程度を決定する主要因であることが明らかになったのである。

How a cell responds to localized stresses acting on it depends on the 'softness' of the cell itself, reports a study published online this week in Nature Materials. This suggests that small physical forces acting on cells might have far more important roles in early developments of soft embryos than previously thought.

Ning Wang and colleagues found that individual mouse embryonic stem cells, which are very soft, spread when a small oscillating local stress is applied to one side of the cell. In contrast, cells that are tenfold stiffer do not react to the same level of stress. However when the stiff cells are artificially softened, they react similarly to the soft stem cells.

It had already been shown that the rigidity of materials that the cell attaches to have a large influence on cell response. This study now shows that how much the cell's structure is deformed by a force is the primary factor that determines the extent of the cell's response.

doi: 10.1038/nmat2563

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度