Research press release

in vitro骨成長にとっての細胞源問題

Nature Materials

Cell source matters for in vitro bone growth

研究室で組織置換を目的として骨を成長させる際、使用する細胞の種類によって得られる材料の特性に違いが生じる。この研究結果は、置換組織を形成するときに細胞源も検討する必要があることを初めて強調している。

機能回復に利用できる移植可能な材料を細胞播種により研究室で成長させることは、再生医学における重要な目標である。M Stevensらは、治療効果をあげるためには、それらの材料を形成する細胞源を慎重かつ系統的に選ぶ必要があることを示している。

研究者らは、骨芽細胞、成体幹細胞または胚幹細胞から骨を成長させ、骨芽細胞および成体幹細胞から形成される骨結節が、無機物組成、ナノスケール構造および遺伝子発現の点で天然骨と一致していることを示している。しかし、胚幹細胞から成長させた骨は、健常組織よりも、機械的機能の低下した老化天然骨に類似している。

The type of cell used to grow bone for tissue replacement in the lab makes a difference to the properties of the resulting material, researchers report online this week in Nature Materials. The finding highlights for the first time the need to also consider the source of cells when creating replacement tissues.

Laboratory-grown, implantable, cell-seeded materials that can be used to restore function are a major aim of regenerative medicine. Molly Stevens and colleagues show that the source of cells used to create those constructs needs to be carefully and systematically chosen to ensure therapeutic benefit.

The researchers grow bone from osteoblasts, adult stem cells, or embryonic stem cells, and show that the bone nodules that form from both osteoblasts and adult stem cells are consistent with native bone in terms of mineral composition, nanoscale architecture and gene expression. However, the bone grown from embryonic stem cells is more similar to mechanically compromised aged native bone than to healthy tissue.

doi: 10.1038/nmat2505

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度