Research press release

指先にライトを

Nature Materials

Light at your fingertips

極めて小さい発光ダイオードや光検出器を備えた生体適合性シートが開発されたことが、Nature Materials(電子版)に報告される。開発されたシートは伸縮性があり、将来、体内医療診断、身につけられる光源など、多くの用途に利用できるかもしれない。

従来の無機発光ダイオード(LED)はもろいため、引き伸ばしたり、曲面に適合させたりすることができない。したがって、応用の可能性が限られていた。今回、J Rogersらは、ペン先よりも小さい微小なLEDや光検出器を、柔軟な生体適合性シートと一体化させた。これらのシートは伸縮可能であり、720°ねじっても機能が損なわれない。診断目的でマウスの皮下に埋め込む、手術用手袋に発光ダイオードとして組み込むなどの用途が実証された。

The fabrication of biocompatible sheets of tiny light-emitting diodes and photodetectors is reported online this week in Nature Materials. The sheets are stretchable and could in future be used for many applications, such as medical diagnostics within the body, or wearable light sources.

All conventional inorganic light-emitting diodes (LEDs) are brittle and cannot be stretched or conform to curved surfaces, which limits their potential uses. John Rogers and colleagues have now integrated tiny LEDs and photodetectors smaller than the tip of a pen on flexible, biocompatible electronic sheets. The sheets are stretchable and can be twisted by 720 degrees without losing functionality. Applications demonstrated include implantation under the skin of mice for possible diagnostic purposes and incorporation as light-emitters on surgical gloves.

doi: 10.1038/nmat2879

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度