Research press release

有機絶縁体をくっつけると金属的になる

Nature Materials

The unexpected metal

2個の有機絶縁体を接触させると、界面に金属的なチャネルができ、新しい電子状態が形成されることが、Nature Materials(電子版)に報告される。これらの電子状態は、バルク材料中で実現不可能であり、有機エレクトロニクスを研究するための新しい手法を提供するものとなる。

A Morpurgoらは、単純な手法で、TTFおよびTCNQとして知られる有機結晶を直接機械的に接触させた。これらの結晶は非常によい絶縁体であるが、隣接させるとTTFの電子がTCNQに移動できるようになるため、可動電子電荷の集団が生じる。

J Mannhartが関連のNews & Viewsの記事で論じているように、これらの結果は、有機エレクトロニクスにおける新しい研究手法につながることが期待される。

Placing two different organic insulators in contact creates a metallic channel at the interface, resulting in the formation of new electronic states, reports a study online this week in Nature Materials. These electronic states are not achievable in the bulk material and provide new ways of researching organic electronics.

Alberto Morpurgo and colleagues used a simple technique to bring the organic crystals known as TTF and TCNQ in direct mechanical contact. These crystals are very good insulators, but when placed next to each other, electrons from TTF can transfer to TCNQ thus creating a population of mobile electronic charges.

As Jochen Mannhart discusses in a linked News & Views article, these results promise new routes for research in organic electronics.

doi: 10.1038/nmat2205

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度