Research press release

身体にやさしいナノ材料

Nature Materials

Body-friendly nanomaterials

体内での画像化や薬物送達に用いることのできる非毒性多機能ナノ粒子が、Nature Materials(電子版)に発表される。

M Sailorらは、薬物を運ぶことのできる多孔質シリコンナノ粒子を作製した。それらのナノ粒子を体内に入れることにより、腫瘍におけるナノ粒子の進行や蓄積が光学的に画像化できる。最終的には、ナノ粒子は害のない成分に分解され、腎臓を経て短時間で体内から排出される。

体内でのモニタリングを可能にする固有の光学活性をもつほとんどのナノ粒子は、毒性または非生分解性を示すか、毒性副生成物を生成することがわかっている。このチームが作製した毒性のないナノ粒子は、病気治療への応用の可能性を一歩現実に近づけるものである。

Non-toxic multifunctional nanoparticles for imaging and drug delivery within the body are reported online in Nature Materials this week.

Michael Sailor and colleagues made porous silicon nanoparticles that can carry a drug payload. Once in the body, the progress and accumulation of the nanoparticles in tumours can be imaged optically. Finally, the particles degrade into benign components that are cleared from the body via the kidneys within a short timeframe.

Most nanoparticles with the inherent optical activity that enables them to be monitored in the body prove to be toxic, non-biodegradable or have toxic by-products. The non-toxicity of the nanoparticles made by this team brings the great potential for their use in treatment of diseases a step closer to reality.

doi: 10.1038/nmat2398

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度