Research press release

生物系内のナノ材料

Nature Materials

Nanomaterials in biological systems

タンパク質、細胞、DNAなどの生体表面とナノ材料との相互作用に関する最新の理解が、Nature Materials(電子版)で概説されている。そこでは、これらの相互作用が生体適合性をどのように左右するか、またナノテクノロジーと生物系を併用する今後の研究を管理する枠組みをどのように設定するかについて分析がなされている。

ナノ材料と人々や環境が接触する機会が増えているため、ナノ材料が生物系とどのように相互作用するかを理解することは、ナノ材料を安全に使用するために不可欠である。A Nelらは、ナノ材料と生体表面の両者のサイズ、形、構造が、絶えず変化する界面での物理化学的反応にどのような影響を与えるかについて説明している。また、Nelらは、組織培地などの生体媒質中のナノ粒子に注目して、基本的な力が細胞取り込みなどの過程に及ぼす影響について検討している。

State-of-the-art understanding of the interactions between nanomaterials and proteins, cells, DNA and other biological surfaces is reviewed online this week in Nature Materials.The review provides an analysis of how these interactions determine biocompatibility and set a framework for directing future research that combines nanotechnology with biological systems.

Nanomaterials are increasingly coming into contact with people and the environment, and understanding how they interact with biological systems is essential to ensure their safe use. Andre Nel and colleagues explain how the size, shape and structure of both the nanomaterial and biological surfaces influence the physicochemical reactions at an interface that is constantly changing. Focusing on nanoparticles in tissue culture and other biological media, the authors discuss the effects of the fundamental forces on processes such as cellular uptake.

doi: 10.1038/nmat2442

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度