Research press release

クモの糸の機械的特性をその場で調べる

Nature Materials

How the spider catches the fly

クモの巣に張られた糸の機械的特性が巣の状態で総合的に解析されたことが、今週報告される。このようにクモの巣をその場で調べることによって、今後、クモの糸の基本挙動、たとえば巣にかかった獲物を捕まえる際、特定の特性がどのように変化するか、に関する理解が深まるかもしれない。

これまでの解析法では、巣の状態ではなく、1本1本の糸の材料特性を調べることしかできなかった。ところがJeffrey Yargerらは、光散乱技術を用いて、クモの巣を構成するさまざまな糸の弾性応答を、変形させたり分断させたりせずにその場で定量化したのだ。

Yargerらは、個々の糸、交差部、粘球で弾性剛性が異なることを見いだした。また、超収縮した糸を詳しく調べることにより、湿潤環境では糸の剛性が高くなることを示した。

A comprehensive analysis of the mechanical properties of spider silk within its natural web arrangement is reported online in Nature Materials this week. This probing of a spider web in situ could enable future studies to further our understanding of the fundamental behaviour of this material, for example, how certain properties change on the capture of prey within the web.

Jeffrey Yarger and colleagues use a light-scattering technique to quantify the elastic responses of the different silk fibres that comprise a spider’s web in situ, without deforming or disrupting the web. Previous analytical methods have been limited to the probing of the material properties of an individual silk fibre, rather than in the context of a web.

The authors find that variation in elastic stiffness is shown for discrete fibres, junctions within the web and glue spots. By extending the investigation to supercontracted fibres, they show that in a humid environment, an increase in fibre stiffness occurs.

doi: 10.1038/nmat3549

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度