Research press release

持続する疎水性

Nature Materials

Robust hydrophobicity

ある種の既知の希土類酸化物セラミックスが本質的に撥水性(疎水性)であり、過酷な環境にさらした後もこの性質を維持することが、今週オンライン版に報告される。持続的疎水性を持つセラミックスは、飛行機の着氷防止、自浄性や耐腐食性が不可欠な場合など、幅広い応用に必要である。

金属やセラミックスなどの耐久性材料は、概して親水性である。これらの材料を疎水性にするために、科学者らはポリマーコーティングを利用する。しかし、こうしたコーティングは侵食性環境下ですぐに劣化する。このたびKripa Varanasiらは、ある種のセラミックスが、衝突する水滴をはじくことを見いだした。この効果は、界面水分子との水素結合を阻害するユニークな電子構造に起因しており、磨耗環境や1,000°Cを超える高温環境に曝された後でも持続した。

A known family of rare-earth oxide ceramics turns out to be intrinsically water-repellent and sustains the hydrophobicity after exposure to harsh environments, reports a study published online in Nature Materials this week. Ceramics with durable hydrophobicity are needed in a broad range of applications, such as in the avoidance of ice build-up on aircraft or where self-cleaning and corrosion-resistant surfaces are essential.

Durable materials, such as metals and ceramics, are typically hydrophilic. To make them hydrophobic scientists use polymeric coatings, but these quickly degrade in aggressive environments. Kripa Varanasi and colleagues find that a class of ceramics repel impinging water droplets because of their unique electronic structure, which leads to the inhibition of hydrogen bonding with interfacial water molecules, even after the ceramics have been exposed to abrasive wear and to temperatures above 1,000 °C.

doi: 10.1038/nmat3545

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度