Research press release

腫瘍形成性細胞を選ぶゲル

Nature Materials

Gels for selecting tumorigenic cells

軟質フィブリンゲルは癌細胞プールから得た腫瘍形成性細胞の増殖を促すことが、今週のNature Materials電子版に報告されている。ゲルによって増殖促進した細胞をほんのわずか、野生型マウスに注射することにより、肺に腫瘍が形成された。したがって、腫瘍形成性細胞を選択するこの方法は、癌細胞が腫瘍を形成する能力と遠隔臓器に広がる能力を説明する機序の研究に役立つかもしれない。

腫瘍形成能を持つ癌細胞の識別は、これまで、幹細胞マーカーの発現に依存していたが、この方法は不正確であることが多い。Ning Wang、Bo Huangおよび共同研究者らは、はるかに効率よく着実に腫瘍形成性細胞を選択する方法について報告している。フィブリン(血液凝固に関係する線維性タンパク質)でできた低剛性ゲルの中で培養したマウスまたはヒト癌細胞株のサブセットは、速く増殖して大型の丸いコロニーを形成することを実証したのである。また、遺伝学的に同一のマウス、免疫不全のマウスのいずれについても、そのコロニーから抽出した細胞の方が、軟質フィブリンゲルの上、プラスチック皿の表面、または同程度の剛性の軟質コラーゲンゲル内で培養した細胞よりもはるかに効率よく、注射部位または肺で腫瘍を形成することが実証された。

Soft fibrin gels can promote the growth of tumorigenic cells from a pool of cancer cells, reports a study published online this week in Nature Materials. Injection of just a few of the gel-promoted cells in wild-type mice led to the formation of tumours in their lungs, suggesting that this approach to selecting tumorigenic cells could help the study of the mechanisms underlying the capacity of some cancer cells to produce tumours and to spread to distant organs.

The identification of cancer cells with tumorigenic potential has so far relied on the expression of stem-cell markers, which is often inaccurate. Ning Wang, Bo Huang and colleagues report a much more efficient and robust method for selecting tumorigenic cells. They demonstrate that a subset of cells from mouse or human cancer cell lines cultured in low-stiffness gels made of fibrin - a fibrous protein involved in blood clotting - grew more rapidly into bigger round colonies, and that a few of the cells extracted from the colonies formed tumours in both genetically identical and immunodeficient mice at the site of injection or in the lungs much more efficiently than cells cultured on top of the soft fibrin gels, on plastic dishes, or within soft collagen gels of similar stiffness.

doi: 10.1038/nmat3361

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度