Research press release

癌治療用免疫刺激性ナノ粒子

Nature Materials

Immunostimulatory nanoparticles for cancer therapy

免疫刺激性分子と免疫抑制因子阻害剤を数日間にわたって腫瘍に送達するナノ粒子ゲルが、今週のNature Materials電子版に報告されている。マウスのメラノーマ腫瘍にそのナノ粒子ゲルを注射することによって、免疫刺激性分子の持続的送達が促進され、腫瘍増殖が遅くなり、マウスの生存時間が大幅に延びた。

メラノーマなどの侵襲性の強い癌が免疫システムを回避する機序のひとつに、腫瘍による免疫抑制因子(TGF-βなど)の分泌がある。このタンパク質は、従来型免疫療法に用いられている免疫応答を調節するシグナル伝達分子、インターロイキン2の(IL-2)効果を阻害する。Tarek Fahmyらは、脂溶性のTGF-β阻害剤と水溶性のIL-2免疫刺激性タンパク質を分解性ポリマーゲルに封入し、それを脂質二重層で覆って保護したナノ粒子を設計した。Fahmyらは、そのナノ粒子が、担癌マウスの皮下および転移性メラノーマに対する先天性免疫応答と適応免疫応答の活性を高めることを明らかにした。

Nanoparticle gels that deliver an immunostimulatory molecule and an inhibitor of an immunosuppressive factor to tumours over a period of a few days are reported online this week in Nature Materials. When injected in melanoma tumours in mice, the nanoparticles facilitate sustained delivery of the molecules, delay tumour growth and significantly increase the survival time of the mice.

One of the mechanisms by which aggressive cancers such as melanomas evade the immune system is by the secretion, from tumours, of immunosuppressive factors such as TGF-beta. This protein inhibits the effects of Interleukin-2 (IL-2) - a signalling molecule used in conventional immunotherapy that mediates immune responses. Tarek Fahmy and colleagues designed a nanoparticle consisting of a protective lipid bilayer surrounding a degradable polymer gel encapsulating a lipid-soluble TGF-beta inhibitor and the water-soluble IL-2 immunostimulatory protein. The researchers show that the nanoparticles enhance the activity of innate and adaptive immune responses against subcutaneous and metastatic melanomas in tumour-bearing mice.

doi: 10.1038/nmat3355

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度