Research press release

曲がるシリコン太陽電池

Nature Materials

Silicon solar cells bent on success

織物などの曲面上に取り付けることのできる軽量シリコン系太陽電池は、幅広い用途に利用できるであろう。Nature Materials(電子版)の論文が、これまで設計されたなかで効率が最も高い部類に属する新しいフレキシブル(柔軟な)太陽電池デバイスについて報告している。

以前の設計では、フレキシブル太陽電池は、低効率の有機材料から作られていたか、あるいは柔軟性に限りのあるシリコンなどの厚い無機膜を使用していた。J Rogersらは、極薄なので非常に柔軟なシリコン部品をシリコンウエハーから剥がし取ってポリマー基板へと転写する転写印刷法を利用して、センチメートルスケールの太陽電池を作製している。この方法によって、柔軟性とシリコンの高い光吸収性という2つのメリットがもたらされる。転写印刷技術自体に汎用性があるため、様々な材料やデバイス設計に応用可能であろう。

A lightweight, silicon-based solar cell that can be installed on curved surfaces such as fabrics could be used for a broad range of applications. A paper online this week in Nature Materials describes the new device, one of the most efficient flexible solar cells designed so far.

In earlier designs, flexible solar cells were either made from inefficient organic materials or used thick inorganic films, for example of silicon, which had limited flexibility. John Rogers and colleagues make use of a transfer printing approach, where ultrathin, and therefore highly pliable, silicon components are lifted from a silicon wafer and transferred onto a polymer substrate, to make centimetre-scale solar cells. This approach combines the benefits of flexibility with the good light-absorption of silicon. The transfer printing technique itself is versatile and could be applied to a broad range of materials and device designs.

doi: 10.1038/nmat2287

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度