Research press release

合成マスト細胞顆粒

Nature Materials

Synthetic mast-cell granules

マスト細胞顆粒の機能を再現・増強するサブマイクロメートルのポリマー粒子が設計・利用されたことについて、Nature Materials(電子版)に報告される。この合成顆粒は、ワクチン接種時にインフルエンザの血球凝集素抗原とともに用いると、適応免疫応答を増強し、致死量のH1N1型インフルエンザウイルスを注射したマウスの生存率を高める。 マスト細胞は、腫瘍壊死因子(TNF)などの炎症性メディエーターを含む不溶性顆粒を放出することにより、免疫応答を増強するよう働く。A St Johnらは、マスト細胞顆粒から着想を得て、多糖類分子(キトサン、ヘパリン)マトリックスに封入されたTNFからなる微粒子を合成した。これをマウスに注射すると、微粒子は流入領域リンパ節に移動し、そこで封入されたメディエーターをゆっくり放出し、B細胞リンパ球を活性化させる。この方法による適応免疫応答の増強は、標準的なワクチンアジュバントであるミョウバンと同等以上のレベルであった。 St Johnらは、これらの微粒子がワクチン設計の柔軟性を高める(免疫応答性をTh1リンパ球優位にできるなど)ことも実証している。

The design and use of submicrometre polymer particles that replicate and enhance the functions of mast-cell granules are reported online this week in Nature Materials. When used with the haemagglutinin antigen from influenza during vaccination, the synthetic granules enhance adaptive immune responses and increase the survival of mice after injection of a lethal dose of the H1N1 flu virus. Mast cells act to enhance immune responses through the release of insoluble granules that contain inflammatory mediators such as tumour necrosis factor (TNF). Inspired by mast-cell granules, Ashley St John and colleagues synthesized microparticles consisting of TNF entrapped in a matrix of the polysaccharide molecules, chitosan and heparin. When injected in mice, the particles travelled to draining lymph nodes, where they slowly released the encapsulated mediator and caused the activation of B-cell lymphocytes. The resulting enhanced adaptative immune responses were at levels comparable to or better than the standard vaccine adjuvant alum. The researchers also demonstrate that these particles offer greater flexibility in vaccine design, such as the ability to direct the character of the immune response towards Th1 lymphocytes.

doi: 10.1038/nmat3222

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度