Research press release

細菌感染を画像化する

Nature Materials

Imaging bacterial infections

ラットの細菌感染のin vivo画像化を可能にする高感度造影剤が、Nature Materials(電子版)に報告される。そのような造影剤は、細菌感染の早期臨床検出を促進しうるため、組織損傷や敗血症などの合併症の防止に役立つ可能性がある。

細菌はさまざまな病気の重要な原因であり、感染により世界中で死者が出ることもある。細菌感染画像化の主な課題は、すばやく特異的に細菌に入り込む造影剤を開発することである。

N Murthyらは、多くの細菌の代謝で重要な役割を果たす特定タイプの糖類に蛍光側基(画像にコントラストをつける分子の部分)を化学結合させることによって、この課題を解決した。Murthyらは、大腸菌などの細菌種が、代謝にかかわるこの画像化蛍光プローブをすばやく取り込むことを発見した。また、従来の造影剤と比較して100倍の感度で感染を画像化できることを見いだした。

A family of highly sensitive contrast agents that enable in vivo imaging of bacterial infections in rats is presented in a study published online this week in Nature Materials. Such contrast agents could aid in the early clinical detection of bacterial infections, which could help people to avoid medical complications such as tissue damage or sepsis.

Bacteria are an important cause of various illnesses and sometimes death worldwide. The main challenge in imaging bacterial infections is in developing contrast agents that enter bacteria specifically and quickly.

Niren Murthy and colleagues achieved this by chemically attaching a fluorescent side group, the part of the molecule that creates the imaging contrast, to a specific type of carbohydrates that plays an important role in the metabolism of many bacteria. The researchers found that Escherichia coli and other species rapidly take up these metabolic fluorescent imaging probes, and that infections could be imaged with 100-fold improved sensitivity compared with previous contrast agents.

doi: 10.1038/nmat3074

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度