Research press release

悪性細胞にキラーキャリア

Nature Materials

Killer carriers for malignant cells

ヒト肝がん細胞を特異的に標的化する高容量薬物送達ナノキャリアが、Nature Materials(電子版)に報告されている。この高効率ナノキャリアを用いれば、従来の化学療法の有効性が大幅に向上し、副作用が減少する可能性がある。

C Ashley、C J Brinkerおよび共同研究者らによって作製されたナノキャリアは、脂質膜に包まれた多孔質シリカナノ粒子であり、脂質膜は標的ペプチド、融合ペプチドおよび高分子ポリエチレングリコールで機能化されている。研究チームは、ポチエチレングリコールによってキャリアの安定性が増大し、ペプチドによってナノ粒子と悪性細胞との結合親和性が高まることを報告している。また、ペプチドのおかげでナノ粒子ががん細胞に取り込まれやすくなるため、細胞質ゾルでのカーゴ放出が可能になる。リポソームと比較すると、今回のハイブリッドナノキャリアは、容量、選択性、安定性の点で優れている。「このナノキャリアは非常に強力なので、1個のモデル肝がん細胞を殺すのに、平均して1個の粒子があれば十分である」とD Irvineが関連News & Viewsで述べている。

A drug-delivery nanocarrier with high capacity that specifically targets human liver carcinoma cells is reported online in Nature Materials this week. The highly efficient carriers have the potential to significantly increase the effectiveness of conventional chemotherapy and decrease its side effects. The carriers synthesized by Carlee Ashley, C. Jeffrey Brinker and colleagues are porous silica nanoparticles wrapped with a lipid membrane that is functionalized with targeting peptides, fusogenic peptides and the polymer polyethylene glycol. The team reports that polyethylene glycol enhances the carrier’s stability whereas the peptides give the nanoparticles high binding affinity to malignant cells. The peptides also induce the cancer cells to engulf the nanoparticles, allowing them to release their cargo in the cytosol. Compared with liposomes, the hybrid nanocarriers improve on capacity, selectivity and stability. “The nanocarriers are so potent that on average a single particle is sufficient to kill a model hepatic carcinoma cell”, says Darrell Irvine in an accompanying News & Views.

doi: 10.1038/nmat2992

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度