Research press release

なぜダイヤはダイヤで磨けるのか

Nature Materials

Why diamond can be polished

ダイヤモンドは地球上で最も硬い材料である。Nature Materialsに発表される論文では、「なぜダイヤモンドはダイヤモンドで磨けるのか。また、なぜダイヤモンドは特定の方向に研磨しやすいのか」が説明されている。今回得られた結果は、この長年の問題を解明するばかりでなく、ほかの材料の摩耗過程の理解を深めるものでもある。

数世紀にわたって研究されてきたにもかかわらず、ダイヤモンドの研磨のメカニズムは、十分理解されていない。今回M Moselerらは、理論的シミュレーションでこの過程を追跡し、ダイヤモンドをダイヤモンドで研磨すると表面に非常に薄いアモルファスカーボン層が形成されることを明らかにしている。Moselerらは、アモルファス膜形成が、研磨されるダイヤモンドの結晶方位に強く依存することを見いだしている。

The explanation of why diamond — the hardest material on Earth — can be polished by other pieces of diamond, and only along certain directions, has been uncovered in a paper published this week in Nature Materials. These results not only clarify this long-standing problem, but also provide an insight into similar wear processes in other materials.

Despite centuries of study, the mechanism of the polishing process in diamond has not been fully understood. In theoretical simulations, Michael Moseler and colleagues track this behaviour to a very thin layer of amorphous carbon that forms on the surface of diamond as it is polished by another diamond. They find that the formation of the amorphous film is strongly dependent on the crystallographic orientation of the diamond being polished.

doi: 10.1038/nmat2902

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度