Research press release

高分子微小球が心臓病の薬を運ぶ

Nature Materials

Straight to the heart

心臓病治療のための新種の非炎症性薬物送達担体が、今週のNature Materials(電子版)で報告されている。M Davisらは、一連の条件下で「高分子マイクロスフィア(微小球)」が有用な薬物輸送形式となる可能性があることを示している。

多くの高分子系薬物送達材料は体内で分解し、標的組織で局所炎症を引き起こす酸性の副生成物を形成する。心臓発作後の心機能障害などの炎症性疾患の治療において、この炎症は組織の回復に悪影響をもたらす。

Davisらのチームは、既知の薬物が封入された高分子マイクロスフィアが直接心臓に注射できること、並びにその高分子の分解生成物が中性かつ非炎症性であるため、既に炎症を起こしている部位を悪化させないことを示している。また、今回の心機能障害治療法が優れているのは、封入された薬物が高分子粒子から制御性よく放出されることであり、数日間にわたって持続的に薬物が罹患部位に放出される。これに対して、その高分子を用いずに薬物を直接注射した場合、そのような有益な効果はみられなかった。

分解生成物が非炎症性である高分子送達担体は、肝臓、肺、腸といった他の臓器の炎症性疾患にも応用できるかもしれない。

A new kind of non-inflammatory drug-delivery vehicle for the treatment of heart disease is reported online this week in Nature Materials. Michael Davis and colleagues demonstrate that ‘polymeric microspheres’ could be a useful form of drug transportation for a range of conditions.

Many polymer-based drug-delivery materials break down in the body to form acidic by-products that cause local inflammation in the target tissue. In the treatment of inflammatory diseases, such as cardiac dysfunction following heart attacks, this inflammation is detrimental to the recovery of the tissue.

Davis and his team show that polymer microspheres loaded with a known drug can be injected directly into the heart and, because of the neutral and non-inflammatory breakdown products of the polymer, they do not worsen the already inflamed section of the heart. This improved treatment of cardiac dysfunction is a result of the controlled release of the encapsulated drug from the polymer particles, allowing the diseased area to experience a sustained amount of the drug over several days. In comparison, the direct injection of the drug without the polymer shows no such beneficial effect.

The use of a polymer delivery vehicle with non-inflammatory decomposition products could have applications in inflammatory diseases of other organs, including liver, lung and bowel.

doi: 10.1038/nmat2299

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度